水没したケータイをショップで修理に出した

以前私は、ケータイ電話を見つけた時に顔面蒼白になってしまった事があります。その理由ですが、ケータイ電話が洗濯機の中から見つかったからです。つまりパンツのポケットに入っていた訳ですが、それを見つけた瞬間には頭が真っ白になってしまいました。

通話ができなくなったiphoneを滋賀の修理店で唯一修理していました。

 

どうすれば良いか考えましたが、まずは動作するか確認したかったので、電源を入れてみました。すると一瞬だけ画面は反応したものの、すぐに何も映らなくなってしまいました。その後は、どのような動作を実行してみても、ケータイは全く反応してくれません。恐らくケータイ内部の基板が故障してしまったのでしょう。

買取は店舗の思想が大きく滋賀ではiPhone買取に力を入れていました。

 

結局どうやって対処したかというと、やむを得ず近くのショップにケータイを持ち込みました。有料で修理に出す事になったのですが、ちょうど年末という事もあり、結局手元に戻ってくるまでに10日ほどかかってしまいました。その10日間はショップから旧式のケータイを借りましたが、開閉式という事もあり、あまり使い勝手は良くありませんでした。ケータイを水没させてしまうと、不自由してしまいますね。今後は気をつけたいものです。