ケータイ電話の一部のボタンが故障した話

私が20代の時は主に普通のケータイ電話を所持していました。そこで、数年ぐらい愛用していたケータイ電話がありましたけど、2年ぐらい使った時に、一部のボタンが作動しなくなったのです。何度押しても、作動しなかったですし、一度電源を切っても症状が良くならなかったので、これは故障したのかなと思ったのです。

ボタンを押しても動かなくなったアイフォンを彦根の修理店で直した

そこで、このままだと少し不便だと思ったので、ケータイ電話会社の受け付けに持っていって見てもらう事になったのです。私の場合は、ケータイ補償プランに加入していたので無料で故障してくれるという事でその点では安心していたのです。そこで、受付のお姉さんからこれは一度こちらでお預かりする必要があると言われて、ケータイ電話会社に修理をお願いしました。

機種変更して前のアイフォンがいらなくなったので彦根で買取してもらった

数週間後に無事に修理する事が出来て、ボタンもうまく作動したのでちょっとホットしました。この時は、ケータイ補償プランに加入して良かったと思いましたし、無事に直って良かったです。