スマホのストレージ管理は慎重に

スマホは普段の生活のなかで大変多くのかたが自分のライフスタイルを磨くために使用しています。普段の生活のなかでスマートフォンを使わない方は最近では少ないかもしれません。より充実したスマートフォンライフのためにはやはりきちんとした使い方をマスターして安心で安全な使い方をしっかりとマスターすることが大切な意味をもつのです。スマホで扱うデータは年々大容量化が進んでいます。そのようななかで、小容量のスマートフォンに多くのデータを入れることはあまりおすすめできません。このような方法を使うことで、スマートフォン全体の動作が遅くなってしまうことも考えられるのです。普段の生活のなかでいかにして最適なスマートフォンで自分らしい生活を楽しんでいけるかどうかを考えることは素敵なスマートフォンを自分で楽しんでいくことを考えるうえでも大切な意味を持ちます。音楽や写真など豊富なデータ管理をきちんとおこなっていけるかどうかは大変重要な意味を持ちますので、長期間の使用を考えるのであれば、なるべく大容量のスマートフォンを事前に用意しておくことをおすすめします。より充実したライフスタイルのためには安心してスマートフォンを自分で楽しんでいくことが大切な意味をもつのです。

スマホの通話が突然使えなくなって修理を相談

スマホで電話ができなくなりました。
かけることや受けることはでき発信音や着信音は鳴るのですが、相手が電話に出る・自分が電話に出ると、音声が聞こえません。
初めは電波が悪いのかな、と思っていたのですが、全く同じ機種を使う夫は同じ場所で問題なく電話をすることができます。
もともとあまり電話を使うことはなかったのですが、実家からの緊急連絡に出られなかったことを機に修理相談に行きました。
契約していた電話会社に持ち込み、症状を見てもらいましたが、カウンターのスタッフさんが見ても何が悪いのか全く不明。
何度試しても通話だけが使えませんでした。
工場へ修理をお願いしましたが、水濡れや衝撃などによる外傷もなく、結局スマホ本体を変えなければならず、保証も切れていたのでほぼまるまるスマホ本体の料金が必要となりました。
4年ほど使用していたのでいいタイミングかと機種変更をしましたが、原因不明の故障であっても無償交換はないのだなぁと感じました。

スマホを便器に落として故障

私は少し汚い話なのですが、自分のスマホを便器に落としてしまったことがあります。
私がスマホを故障させてしまったときの話なのですが、緩いスウェットパンツのポケットに自分のスマホを入れていました。
用を足し水を流してスウェットパンツを履くときにポケットからスマホを便器の中に落としてしまいました。
用を足し、水を流した後だったのは不幸中の幸いでしたが、迷わずすぐに便器から自分のスマホを取り出してスマホについた水を拭き取りました。
どこも故障してないことを祈りながらスマホを起動したのですが、謎のバイブをするだけで残念なことに起動しませんでした。
自分で修理する事も考えましたが、水没の場合は難しそうでしょうがなく修理しようと思っていたのですが、次の日会社の社長に笑い話としてその話をすると余っている会社用のスマホをいただける事になりました。
スマホを修理するにもお金がかかるので私としては嬉しかったのですが、2、3日してなんとなくスマホを起動すると、なぜか起動できました。
今でも会社にはスマホが治ったことは隠しています。